【フランス物件】住宅ローン選びは契約後2ヶ月以内

契約書にサインしたら次のステップは銀行選びです。

 



 

住宅ローン選びは契約日から2ヶ月以内と決められている

 

物件購入の契約書にサインをした日から2ヶ月以内に銀行を決める必要があります。

これは国が定めている期間で、これを超えると通常、物件契約破棄になってしまうので注意です!

 

住宅ローンの契約後は最短で1ヶ月後に物件の鍵を受け取れます。

  1. 物件購入契約
  2. 銀行決め(2ヶ月以内)
  3. 鍵受け取り(約1ヶ月)

(期間は銀行/不動産によります)

 

住宅ローン契約はタイミングを見計らって!

 

ローンの金利は変動します(そこまで大幅な変動ではないですが..)

※私は途中で気付きました..

そのため、金利が上がっている最中だと早めに決めてしまった方が良いです。

 

銀行でシュミレーションをしてもらおう

 

銀行に電話をして予約を取れば、

無料でシュミレーションをしてもらえます。

必要だったものは、

  • 購入価格が載った契約書一式
  • 3ヶ月間の給料明細
  • 本人確認証明証(IDカード)

住宅ローン年数は、10年、11年・・24年、25年、 自由に自分で選べます

 

注意点としては、シュミレーションから2週間経ってしまうと、

金利が変動しているため、もう一度やり直しになってしまう点です。

 

シュミレーションしてもらった銀行一覧

 

普通の銀行

  • BNP Paribas
  • Crédit Agricole
  • Banque Populaire
  • Crédit Mutuel
  • Banque Postale
  • Casse d’Epargne

インターネットバンク

  • Boursorama
  • B for Bank
  • ING Direct

 



 

頭金ゼロでも住宅ローンを組める

 

銀行一覧を上記しましたが、

普通の銀行の場合、頭金ゼロで住宅ローンが組めます

ただし、貯金金額は聞かれるのと、

月々の返済額が現在のお給料の35%以下である必要があります

 

また、インターネット銀行の場合、購入価格の10%の頭金を入れる必要がありますが、

普通の銀行の金利より低いのがメリットです。

 

10年以内に賃貸経営か売却も視野に

 

以前のブログにも書きましたが、

フランスでは物件購入が一生の買い物ではなく、

環境が変わるごとに買い替える人も多いため、

銀行でも同じように「10年以内の賃貸経営/売却」の話をされます。

 

住宅ローンは早く返してしまった方が後々楽ですが、

今の生活の延長線で無理がないようにした方が

良いと考えているフランス人も多いです。

 

これまでは物件探しから契約までブログでまとめてきました。

フランスでこれから物件購入を検討されている方にとって、

何か有益な内容が一つでもあれば幸いです。

 

次回からは念願の「理想の家作り」について公開していけたらと思っています。

引っ越しや工事、お気に入りのインテリアなど、

フランス流にやっていこうと思っています♪

 

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください