【フランスでマイホーム】結局大型スーパーへ行く

優先順位が高かった「スーパー近く」の物件。その理由やスーパーの大きさについてまとめました。

 

今回も前回の続きです。

まだ読まれていない方はこちらから。

 



 

今日お話するのは「スーパー」について。

外せない条件 契約物件
近くにスーパーがある ✔︎近くに2つ

日本にいた時は、外食で済ませていた日が多かったし、

スーパーではなくコンビニがあれば、十分でした。

だけどフランスに住むようになって、食事はほぼ自炊(レストランは月1〜数回)、

日用品もスーパーでなければ手に入らないので、

徒歩数分圏内に最低1つはスーパーがあることが、外せない条件でした。

 

過去の体験から

 

なぜ私がスーパー近くにこだわるようになったのか。

それは過去にイタイ経験をしているから〜…笑

 

渡仏当初決めたアパート、近くにスーパーがあるかどうかなんて選ぶ余地がありませんでした。

小さいスーパー(日本のコンビニサイズ)が徒歩圏内にはあったものの、歩いて15分。

中心地で街の外観が素敵だったので「散歩がてら」という気持ちで乗り越えていましたが、

飲み物とか重たい野菜を買ったらこの距離地味にキツイ

おまけに5階(日本の6階)エレベーターなし

いや〜本当持って上がるの辛かった〜^^;笑

 

約1年のこの経験を通して、「スーパー近く」が絶対条件になりました。

その後パリ出張で住んだ宿もスーパー近くじゃない所はかなり不便に感じたので、

住む家だけではなく、出張先でもこだわるように。

 

マイホームの理想の条件で、エレベーター/スーパー近くが「最上階」よりも優先度が高かったのはこのためです。

 



 

フランスのスーパーの大きさ

 

フランスのスーパーは大中小サイズが分かれています。

小・中型 は中心街に多く、大型スーパーは郊外にあります。

 

↓この写真は、一番大きいタイプのスーパー。

ここに写っているはたった一部。

野菜売り場だけで、この3倍はあります。

 

店舗によりますが、小・中型 スーパーは価格も高く設定されている商品が多く、

1ユーロ 以上値段差があったりします。

 

結局大型スーパーへ行く

 

契約したアパートの近くには小・中サイズの2つスーパー、

徒歩20分(トラムで3駅)のところに大型スーパーがあります。

 

あれだけ「スーパー近く」にこだわっていたのに、

結局、少し遠くても大型スーパーで買い出しする方が好き。

 

理由は、新鮮で安くて品数豊富だから。

お魚やチーズ類も数が全然違う!!

電車賃を払っても、無駄にならないくらいお得

それに駅近&エレベーター付きなので、持って上がるのも問題なし。

 

とは言え、この距離だと週に何度も行けないので、

値段が変わらないものを把握して、両方を使い分けています。

 



 

大型スーパー近くの物件を選ぶ時の注意点

 

もし将来また物件探しする時があって、

今と同じような生活環境だったら、「スーパー近く」は絶対外せません。

 

ただし「大型スーパーがそば」かどうかは別の話。

なぜなら「大きな土地がある=辺鄙な場所」であることも多いから。

つまり治安が悪い可能性も。

よくよくその地域のこと調べてからじゃないと、スーパーだけに注目して決めると危険!

私が行っている大型スーパーも、もし治安が悪かったら行ってません。

 

あと、もう一つ大型スーパーのデメリットを挙げると、

人が多すぎて「ちょっと買い物する」には不便なこと。

「あ、卵切らした!」「あのジュース飲みたいなぁ」とかそれだけ買いたい時、

あの広大な店内で商品を探して、さらにセルフレジに並ぶって、億劫なんですよね〜^^;笑

 

今後車を持つ予定もないので、

近くに小中のスーパーがあって、時々大型スーパーへ買い出しに行く、くらいが

今の私にはちょうどいいなぁと感じています。

 

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください