フランス店員さんの対応が変わる3つの言葉!

フランスって対応悪い?そんなことありません!この言葉を意識するだけ!

 

フランスは対応が悪いというイメージがかなりありますよね。

フランス事情を知っていると、そんな思いをしなくてよくなります。

実際、私もこの言葉を使っているだけで、対応が悪いなと思った経験はありません。

使うタイミングや発音のコツも書いていますので、是非、トライしてみてください。

 



 

①お店に入ったら「Bonjour!」

 

店員さんが気づいてなくても、お店に入った時に、必ずこちらからも言いましょう!

お互いに「こんにちは~」と挨拶をする感じです。

 

発音のコツは、日本語カタカナ読みの「ボンジュール」ではなく、「ボンジョー!」の方が近いです。

 

②Thank youではなく「Merci!」を!

 

「フランス」なんだからフランス語使って!というのがフランス人のホンネのようです。

商品の説明をしてもらった時や、自分のサイズを持ってきてくれた時に「ありがとう!」と伝えましょう。

 

発音のコツは、日本語カタカナ読みの「メルシー」ではなく、「メーシー」と言った感じです。

このRはルと発音しないため、カタカナで書くと少し違いますが、こんな発音です。

 

③お店を出るときは、「Au revoir!」

 

フランスで買い物をしていると、

マダムが帰り際に、「良い一日を!」「あなたもね!」という挨拶を笑顔で交わしているのを見かけると思います。

「Merci」と合わせて使えるとさらにスマートです!

 

発音のコツは日本語カタカナ読みの「オルヴォワール」ではなく、「オブワー」とサラっとした発音です。

 

本当に基本的な言葉ですよね。

こんにちは、ありがとう、さようなら、の3つです。

 

なんだーこれだけかーと思った人もいるかと思いますが、意外にみんな出来てないものなんです。

日本で普段お店にいったりするときは、店員さんが言う側なので、

こちらから挨拶をすることに慣れていませんよね

 

これをきちんと言うだけで、店員さんの反応は全然違います

黙って入って、商品を触り、黙って出ていく。

フランスでは、かなり「感じ悪い客」ととられてしまいます。

 

これが出来ると、店員さんもにこやかにあいさつしてくれ、心地良い買い物ができます。

 



 

フランス店員さんのココが素敵!

 

フランス人の店員さんのいいところは、

正直に、店員さんのセンスでコメントをくれるところです。

たとえば、「どちらが似合うかな?」と聞けば、「あなたはこういう特徴だから、こちらが似合うと思う!」と率直な意見を言ってくれます。

「お金お金!」してないところが、私は好きです。

「利益」や「売れ筋」とかではなく、

店員さんの知識とセンスで、判断してくれます

 

また、必要以上に話かけてきませんし、商品の説明も、尋ねた時くらいです。

私のように、「店員さんに話しかけられる」のが嫌いな人にとってはかなり心地良いですが、

日本になれていると、店員さんが話しかけてこない対応は、

もしかしたら「冷たい」印象を受ける人もいるかもしれません。

でもそれは「フランス流」。

ここはフランスだ!と思って、気を楽にしましょう♪

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください