フランスで小麦粉を買いたい!

フランスでは小麦粉選びに一苦労?たくさんあって迷っちゃう!

 

フランスといえばパン!お菓子!

パン、お菓子と言えば「小麦粉」!

ということで、今日はお料理によく使う「小麦粉」についてのお話です。

 

日本で小麦粉というと「薄力粉」「中力粉」「強力粉」「全粒粉」と分かれていますよね。

フランスでは、T45〜150というように、国が定めた、決まったタイプ数字で表されています

また、ブリオッシュ用、パン用など、綺麗に仕上るようにミックス粉まで販売されています。

 

細かく分かれているので、いつも小麦粉を買う時、どれを選んでいいか迷ってしまいます

夫や周りに聞いてから行くか、ネットで検索してから行くかしないと、

お店で立ち尽くしてしまうこともしばしば・・・

 

プロではないのであまり詳しくはありませんが、

一般で使う小麦粉の知識として、参考になれば幸いです。

 



 

フランスの小麦粉の種類

 

Type45 : 薄力粉:お菓子など
Type55 : 中力粉:お菓子、パイ生地、パン、バケット
Type65 : 準強力粉:ビスケット、田舎パン、
Type80 : 半粒粉 パン BIOのパン屋でよく使われる
Type110: ほぼ全粒粉
Type130: 全粒粉
Type150: 全粒粉 : 全粒粉のパン

 

Type45が一般的によく使われる小麦粉で、

一番白く日本の「薄力粉」に近いものです。

数字が大きくなると色が灰色っぽくなりT150が全粒粉です。

 

私が普段料理に使う薄力粉はType45です。

強力粉を混ぜた料理をしたい時にはType65のものを使用しています。

 

今度これらの小麦粉で、カレーのナンを作ってみようと思っています!

質がいいため「失敗知らず」と言われるフランスの小麦粉ですが、

果たして上手くいくかドキドキです!

farine

上の写真のように、パッケージ上にタイプが表示してあります。

「Type」と書かれているものと「T」だけの表示のものとがありますが同じ意味です。

 

価格は、0.60ユーロ〜1.50ユーロが相場です。

写真左のメーカーは大手スーパーメーカー「carrefour」の製品で、

carrefourに限らず、スーパーブランドのものはだいぶお手頃

写真右のメーカー「Francine」はとても有名で、どこの店頭にもあります。

 

売り場をイメージするのに、このメーカーのサイトを見てみましょう。

Francine

たった一つのメーカーの「一般的な小麦粉」だけでもこれだけあるので驚きですよね。

その他、ブリオッシュ用・パン用と細かく分かれています。↓

Francine-2

珍しいと言えば、こちらの商品。

クレープやソースに使うとダマにならず綺麗な仕上がりになるFluideという種類。

farine-fluide-francine

パッケージの写真のようにトロっと美しい生地になるそうですよ!

いつも普通の小麦粉で済ませてしまって、私もまだ使ってみたことがないのですが、

今度是非使ってみようと思っています!

 



 

小麦粉ケース

 

日本で小麦粉を買うと、パッケージは紙のものがほとんどですよね。

フランスも紙のパッケージなんですが、

これは「詰め替え用」として買う人が多いのです。

 

上の写真(carrefourとfrancineのパッケージの写真)を見てもらうと、

左手は日本の商品のように紙の袋で、右手は箱に入っているのがお分かりいただけると思います。

 

フランスの家庭では、この箱を「使い回し」しています。

なくなったら、袋のパッケージのものを買ってきて詰め替えます。

この箱はかなり頑丈なので、結構年季の入ったものをみんな使っています。

 

今日は普段からよく使われる「小麦粉」のお話でしたが、いかがだったでしょうか?

フランスにいるからには、小麦粉をマスターしたいと思う今日この頃です。

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください