パリ出張の多い私が勧める便利でお得な地区

私は仕事でパリ宿泊が多いので、その経験を元に「お得で便利、比較的安全な地区」について書きました。

今回も前回のブログに引き続きパリのホテル選びについてです。

 



 

私はナント↔︎リヨン↔︎パリの3拠点で生活していて、

仕事で泊まるホテルであれば、豪華なホテルでなくて構わないので、

治安が良く、アクセスに便利な場所」を選んでいます。

 

このニーズは、旅行で来られる方にも参考になると思いまとめました。

  • きらびやかなホテルでなくてもいい
  • 宿泊は泊まるだけで料金をなるべく抑えたい

と考えている方の参考になればと思います。

 

治安の良し悪しについて記載していますが、

パリは「ここが安全」という場所はないので「目安」にしてください。

 

パリの宿泊場所選びで私が気をつけている2つのこと

 

1、治安の良さ

私が一番気にするところ。

パリの治安をまとめたマップを前回のブログで公開したので、

是非そちらを参照してください。

 

2、スーパーが近いかどうか

これは治安にも関係するのですが、

スーパーまで距離があると、暗くなってしまった場合怖くて出歩けないためです。

特に観光スポットが密集する場所では

スーパーがあってもとても小さく欲しいものが手に入りません。

スーパーさえ近ければ、とりあえずなんでも揃うので、

私がホテルをとる際はスーパーの位置もチェックします。

 

日本からの観光客の方も、お土産をスーパーで買ったりする方も多いと思うので、

(あと時差の関係で変な時間にお腹が空いたり)

ホテルを選ぶ時にはSupermarchéと検索を一度かけてみることをオススメします

 



 

私が宿泊場所で良く選ぶ地区

 

私がよく選ぶのは、Les sablons から La Défense間です。

それってどこ?と思われる方もいると思うので、写真を用いて説明します。

この写真は私が凱旋門に登ったときに撮った写真で、

「新凱旋門」方面を映した写真です。

写真内の道路中央に円形交差点があるのがわかるでしょうか?

その交差点から、多くの高層ビルが建ってる場所までが、Les sablons〜La Défenseです。

 

逆に↓こちらの写真はLa Défenseから凱旋門に向かって撮った写真です。

良く見ると真ん中に小さく凱旋門が見えますか?

先ほどお見せした写真はこの小さく見える凱旋門の頂上から撮りました。

 

見てお分かりいただけるように、

凱旋門と新凱旋門は真っ直ぐ繋がるように設計されているので、

位置関係を理解しやすいと思います。

 

なぜこの地区によく宿泊するかというと、

職場に向かうために私がよく1番線を使うからなんですが、

1番線はパリの真ん中を通っている線で、旅行にも便利な線です。

地図を見てみましょう。

パリは観光スポットが中心に密集していて、そのスポットを1番線は横断するように通ってます。

上の地図通り、

凱旋門・シャンゼリゼ通り・コンコルド広場・チュイルリー公園・ルーブル美術館・マレ地区・バスティーユ、

を経由します。とても便利です。

 

Les sablons / Pont de Neuilly

この場所は凱旋門からも近く、そのため街並みも美しいです。

高級住宅街もあるため、治安も比較的良い方です。

スーパーも大通り沿いにモノプリがあって便利でした

注意点としては、ルイヴィトン財団美術館がある場所の奥には進まないこと

※上地図の左下側の公園部分

公園内も暗くなりだすと危険ですので近づかないようにしてください。

私も一度、天気が良い日南側へ散歩を試みましたが、

人気が少なく、外国人がたむろしているポイントがありました。

 



 

ビジネス街ラ・デフォンス

皆さんパリのビジネス街ってご存知ですか?

凱旋門からまっすぐ繋がる「新凱旋門」も観光名所

そんなラ・デフォンス(La défense)の魅力は、

  • 1番線が近い!そして中心街までメトロで10分
  • 大きなスーパーがある(Auchan,Monoprix)
  • 大きなショッピングモール「Les 4 temps」で買い物が楽しめる
  • 中心街から離れるためホテルの価格が安く設定されている

先ほど書いたように便利な1番線の終点駅がこのラ・デフォンスです。

 

ラ・デフォンスに期待してはいけないこと

 

上の写真にもあるように、

ラ・デフォンスにパリらしい街並みは期待してはダメです。

パリには似合わない高層ビルがそびえ立つ場所です。

私も初めて行ったとき、東京に戻ってきたかのような感覚になったほどでした。

観光に行こうかな?と考えている人は、

この周辺は新凱旋門とショッピングが楽しめると思います。

 



 

ラ・デォンスの治安

 

前回のブログにも書いたように、パリは中心街から離れるにつれて、

低所得者や外国人が住む場所が多くなり、治安が悪くなります。

ラ・デフォンスも例外でなく、パリ郊外に当たるため危険な地域の方が多いです。

そのため、私がラ・デフォンスで宿泊場所を探すときは、駅近を選びます

(la défense駅/esplanade la défense駅)

駅に近い場所はビジネス街のため、人通りも多く静かです。

平日はスーツをきた人が行き交っています。

 

スーパーはショッピングモール内にあります。

※MonoprixよりAuchanの方が大きい

注意!絶対駅側から離れる方向に行かないこと!

巨大ショッピングモールの「Les quatre temps」の後ろ側は

低所得者用のビルが立ち並ぶ地区が隣り合っています

※上の地図の黒色の地区

そのため、絶対に立ち入ってはいけません

この周辺はかなり危険なので、特に女性一人では行かないようにしましょう。

ビジネス街と示した場所も危ない場所はあるため、気をつけてください。

 

私が中心地にホテルを取る場合

 

郊外でなくて、中心地にホテルを取ることもあるので、少し記載しておきます。

私は7区か16区にホテルを取ります。(地図を見る

7区

6番線沿い、スーパーが周りにある場所。

16区

トロカデロから徒歩圏内の場所。

どちらも高級住宅街が立ち並ぶ場所でエッフェル塔も近いため、

価格も高いホテルが多いですが、きらびやかでなくていい!というなら、

3つ星で150ユーロが相場で見つけることができます。

治安が良い方なので、女性一人でも割と安心して宿泊できます。

 


オススメ記事をチェックする



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください