当日ウェブで結果を確認できるフランスの血液・尿検査

日本とはかなり違う血液尿検査事情。

予約の仕方、事前準備、Ordonnanceの有効期限、結果の受け取り方をまとめました。

 



 

血液・尿検査はラボで

 

フランスは分業制のため採血は病院ではなくLaboratoire(ラボ)へ行きます。

ラボは↑写真のように大きな看板があるので、個人の病院より見つけやすいです。

 

血液検査と尿検査を同時にしてもらえますが、

注意点として、

  • かかりつけ医のOrdonnance(紹介状/処方箋)が必要であること
  • 尿検査カップを事前にもらっておくこと

があります。

尿検査については、後日別途提出することもできますが、

事前に準備しておき、受付の際に提出するととてもスムーズです。

 

血液・尿検査は保険でカバー

 

加入している保険にもよりますが、大抵保険でカバー出来ます。

1年に1回かかりつけ医に健康診断で診てもらう時に、検査のOrdonnanceも貰いましょう。

Ordonnanceの有効期限は1年で、

決められたラボは書かれないので、自宅側や会社近くを自由に選ぶことが出来ます。

 

予約は電話で(予約がいらないラボも多いです!)

 

フランスのラボ数はかなり多く(薬局数といい勝負な気がする…)、

GoogleMapで「Laboratoire」と検索すれば、近所のラボがヒットすると思います。

記載してある電話番号にかけて予約の有無を聞きましょう。

どこのラボも朝7時過ぎから開いており、

出勤前や学校へ行く前の時間帯が選べるのも良いですよね。

 

混み具合はラボによります。

予約が必要な場合、1週間みておいた方が良いでしょう。

(キャンセルが出たりすれば当日〜数日後の予約が取れることもあります。)

 



 

尿検査カップ

尿検査用にもらったカップは↑これ。

写真に写っているプラスチック袋に入った状態で渡されました。

スポイトのようなものがついていますが、これはラボが使用するもので、

私たちは蓋を開け、カップ内に採尿するだけです。

使い方の注意点は、

  • 朝一採尿する
  • 飲食はかかりつけ医の指示通りに
  • 前日の激しい運動は避ける
  • 量は半分でOK
  • シールがある場合は、名前と生年月日、採尿した日時を記載

 

血液尿検査の流れ

 

  1. 受付(保険証・Ordonnanceの確認など)
  2. 尿検査カップを提出
  3. 待合室で順番待ち
  4. 採血(ここでもOrdonnanceを見せる)

採血後は、会計をしなくて良いので受付に行かずそのまま帰宅します。

※服用中の薬を聞かれるので、ある場合はメモを忘れずに!

 



 

結果の受け取り方法は3種類

 

  • 直接ラボで受け取り(朝採血したら、午後に結果が出る)
  • 郵送(3、4日後に受け取り)
  • ウェブ上で確認(当日〜翌日)

受付の際にどの方法で受け取りたいか聞かれます。

ウェブを選択すると、アクセス先と仮のパスワード(変更可能)を貰え、

検査後直ぐメールアドレスの登録をしておくと

「結果が出たので、ご確認ください。」とメールでお知らせを受け取れるのでとても便利でした。

*ちなみに、1回目よりも2回目以降の結果開示が早かったです。

一番最近受けた血液検査は朝8時に採血してお昼の12時にはもう結果が出てました😉

 

結果はもちろんかかりつけ医の所にも届きます。

どの受け取り方法にしても、自分で正常値と比較出来ますが、

医療用語は自己診断せず、後日お医者さんに見てもらいましょう。

 

日本とフランスの違い

 

1. 言わないと利き腕で採血される

これ、最初結構驚きました。

日本だと利き腕を聞かれ、逆の腕で採血をしてもらえたので、

いきなり利き腕に注射しようとされ「あれ?聞かれないんだ」とびっくり^^;

 

今回試しに「右は利き腕だから、左にしてもらっても良いですか?」って聞いてみたら、

「良いですよ!でも血管次第ね。(血管が見えなければ右にするよ)」と言われました。

(確かに注射一本だから、デスクワークだし気にする必要ないのかもしれない笑)

 

2.清潔感の違い

今まで行ったことのあるラボは全て異なるラボです。

(引越しをする度に変えたため。)

日本だと、病院で採血してもらえるので、アルコールの匂いがしたりして、すごく清潔ですよね。

フランスのラボは古い建物の一角にあることが多いので、

ぱっと見の印象は日本と比べて、清潔ではありません。

決して不潔ではないので気にしてはないのですが、

あの日本の清潔さをイメージして行くと少しショックを受けるかもしれません^^;

 

また、先ほど尿検査のカップの写真を載せましたが、

受付員が素手で扱っていることにも驚きました。

プラスチックの袋に入れているとはいえ、どんな状態で触っているかは人それぞれですよね…。

その手でパソコンに入力したりしているので、

あんまり気にしていないんだなぁと感じました。

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください