フランスで生理用品を買う!

今日は女性にとって大切な「生理」のお話。

 

どこで買える?質は日本のものに比べてどうだろう?という質問が多いので、

今日は生理用品についてのお話を。

 

旅行の日程に重なりそう!旅先で急に生理になってしまった!

そんな時に、現地でどれを買えばいいかわかりませんよね。

フランスへ旅行へ来る方、フランスにこれから住む方の参考になれば幸いです。

 



 

どこで手に入る?どのブランドがオススメ?

 

日本ではナプキンは薬局はもちろんドラッグストアでも買えますが、

フランスではスーパーマーケットで購入するのが一般的

売り場はシャンプーなどの日用品が売られている側にあります。

 

フランスのナプキンには、専用ブランドとスーパーが出しているナプキン(ナプキンブランドより安い)があって、数も豊富。

渡仏してから3年、色々試した結果私は「Nana」というブランドに落ち着きました。

NanaはテレビCMもしているかなり大きなメーカーです。

※Nanaの回し者ではありませんので、安心して読んでくださいね♡

 

Nanaのパッケージ

写真右の商品(ピンク色)が私がいつも購入する「Nana」のパッケージです。

この商品は羽ありです。

おもて面にイラストがあるので、簡単に選べます。

 

一覧になっていてわかりやすいので、サイト(http://www.nana.fr)のキャプチャを見てみましょう。

nana5

沢山種類がありますね。

羽なし・羽あり・夜用、ライナーそれぞれパッケージの色が異なります。

 

夜用ナプキン

私が使用している夜用のナプキンは画像右のブルーの商品。

羽ありでNanaの商品の中で一番長さがあります。

 

パンティーライナー

生理の時以外、使用頻度の高いライナーですが、

私はライムグリーンの商品(写真中央)かオレンジの商品(写真左)を使っています。

厚みは、オレンジの方が分厚め。

ライムグリーンタイプが一枚ずつ持ち運びできるように3つ折りになっているので

コンパクトで便利です。

ライナーは箱入り、生理用ナプキンはナイロンのパッケージで売られているのが目印です。

 



 

Nanaのおまけが便利で可愛い

 

プロモーション中に商品を買うと、可愛いナプキンケースのおまけが付いています。

nana4

※これは2016年版のデザインです。

毎年デザインが変わるので、次回はどんなデザインなのかちょっと楽しみ。

このケースはアルミ製でできていて、薄いケースなのにナプキンを2〜3枚ほど入れられ、

外出の時にかさばらないしすごく重宝してます。

このブログのトップ画像が私が今持っているケースです。

 

フランスには生理用ショーツが売られていない!?

 

生理用品関連で、専用ショーツについて少し触れます。

以前新しい生理用のショーツを探しに行ったのですが、

どこのお店を探しても見つからず、

店員さんに直接聞いても、初めは「なにそれ?」とまったくピンと来ていない様子でした。

普通のショーツよりガード力が高く汚れが落ちやすいと説明すると

「フランスには生理用と分けられたショーツはないのよ」と教えてくれました。

 

では生理の時皆どうしているのか質問したら、

「フランス人女性は普段と同じショーツを履く」とのこと。

結局買えず終いでした(涙)。

 

やはり生理用ショーツは洗濯が楽だし、次回日本に帰国した時に買おうかなと思っています。

これから、フランスに住む予定の方は数枚持って来ることをオススメします!

 

関連記事

皆さんちゃんとケアしてますか?なかなか話題にあげにくい「デリケートゾーン ケア」についてまとめました!

【フランス流】デリケートゾーンケア


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください