フランスで眼鏡・コンタクトは保険でカバー!

目が悪い人にとってありがたい保険Mutuelle。眼鏡だけでなくコンタクトも保険でカバーしてもらえます!

 

コンタクトが切れそうだったので、処方箋をもらうため眼科へ行ってきました。

特に問題もなかったので、前回の検診からなんと2年も経っていました><。

今回は眼科についてまとめました。

 



 

眼科の見つけ方と予約

 

ネットで「ophtalmo / ophtalmologiste 街名」と検索。

評価を見て、電話をかける。

<予約の例文>

Bonjour, j’aimerais prendre un RDV pour mes yeux.

名前と電話番号、住所を聞かれます。

※指定したい先生がいればその旨も伝える。

眼科だけではなく、病院関連の予約は緊急を要しない場合、

電話から3−5週間後に予約が取れます。

地域によっては2ヶ月街の場合もあるので、

余裕をもって予約を取りましょう。

 

私は前回と同じ眼科に電話して、

2年前は電話してから1週間で予約を取れたのですが、

今回は1ヶ月後に予約が取れました。

 

2回目も前回と同じ医師 -Médicin traitant-

 

フランスでは、主治医制度が推奨されているため、

一度医者にかかると、始めて診てもらった先生が主治医になることが多い。

私が行った眼科も、たくさんの医師がいますが、前回と同じ医師でした。

前回のカルテと照らし合わせながら、現状を診断し、処方箋を出してくれます。

 



 

受付・検診の流れ

(↑私の眼科の受付)

受付で名前と予約した医師を伝える。

電話番号と住所の確認したのち、待合室の場所を言われるので、

指定された待合室で順番を待つ。

私は9時15分の予約で、時間通りに名前を呼ばれました。

まず看護師さんによる機械を使った検診(視力検査・眼圧など)。

※視力検診はアルファベットでした。

終わると瞳孔を開く目薬をさし、待合室で待つ(1時間、、)

その後医師の診察がありました。

診断が終わると、診断室横の看護師さんがいる部屋に案内され、

処方箋を印刷してもらい支払い。

 

料金と払い戻し

 

今回払ったのは45ユーロ。

Carte vital (健康保険証)を提示し、後日払い戻しされます。

※金額は病院によって違うので、参考まで。Mutuelleは見せませんでした。

 

処方箋 Ordonnances

 

今回私は、眼鏡・コンタクト・目薬の3つの処方箋をもらいました。

眼鏡とコンタクトは眼鏡やさんOpticien、目薬は薬局へ。

自分が加入しているMutuelleでカバーしてもらえる金額が変わりますが、

金額以内であれば、どの眼鏡を選んでも良いのが魅力。

毎年検診を受けて、処方箋を貰えば、眼鏡屋さんで新調できます。

 

来週眼鏡を選びに行くので、またBlogにまとめようと思います。

 

>歯医者の予約・検診にはこちらにまとめました。

歯医者

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください