私の計画の進め方と批判への対処法

「夢を叶える方法」「成功するための秘訣」このような情報は五万とあります。

しかしそのハウツーが自分に合うかどうかはまた別問題。

今回は私の「計画の進め方」についてお話します。

 



 

皆さんそれぞれ、自分に合う計画の立て方や進め方があると思います。

周りに公言して進める人、ある程度進んでから周りに伝える人、

やりながら計画を考える人、計画倒れを楽しむ人、

短期/長期計画を立てるのが得意な人・・・。

皆さんは自分の目標を達成するためにどうやって進めていますか?

 

私が自分の計画を伝える相手

 

まず、私は↑上記した中の

  • ある程度進んでから周りに伝える
  • ざっくり目標を立てたら、後はやりながら考える

タイプです。

 

昔は周りに公言していたこともありましたが、

(年末年始に抱負を述べてみたり、SNS等で公開してみたり)

いつも計画失敗に終わりました><:

計画を公開してモチベーションをあげようとしても、

私の場合「計画している状態」に慣れてしまい、数ヶ月後には忘れてしまうことが多々ありました。

 

今は、人に公開する前に自分なりにちゃんと進めるようになりました。

私の計画を進める流れ
  1. 「これやってみたいな〜」と感じたことを書き留める(PCのオンラインアプリ使用)
  2. どうしたら叶えられるか調べる
  3. とりあえず取り掛かってみる(形から入らない。一番お金野かからない方法で始める)
  4. やってみて出てきた疑問を解決していく
  5. ある程度形になってきたら発信/相談してみる
  6. ダメなところは修正して良くする

計画を進めるには、精神的にも周りの協力が必要な時があります。

そこで大切なのは、伝える相手です。

計画に関しては、話をした後自分がさらに進めていける相手を選びます。

私が進捗を話すのは、2タイプの友人たち。

  • 相互に夢を応援している信頼出来る人
  • 分野は違えど同じ方向に向かって頑張っている人

長年付き合いがある人もいれば、フランスに来てから出会った人もいます。

 

周りに公言することの良し悪し

 

自分のやりたいことは出来るだけ周りに言った方がいいよ!と言う人も多いですよね。

周りに発信することで、ひょんなところから大切な情報がやってきたり、

素敵な出会いがあったり、皆の応援が背中を押してくれたり。

 

反対に、人が何かを進めていると、気に食わない人たちがいます。

攻撃されることもあります。

 

私の経験上、残念なことに後者の人たちは、進めば進めむほど増えます。

今まで友達と思っていた人でも、私が何かを進めていると知った時から、

行動が変わる人もいました。

無意味な攻撃、相手にすることなんてない!と十分わかっていますが、

「妬み」や「批判」の負の力は結構大きいものです。

相手もそれを分かって邪魔してくるんですから。

 

スルースキルは身に付けたいと思っている人も多いと思います。

完全にスルー出来なくても、攻撃されて心地悪い時間を短くしたいですよね。

 



 

駒を一つ前に進めていると批判は気にならない

 

計画実行中に邪魔はつきもの。では私のスルー方法について話しましょう。

とは言っても私も完全に対処できているわけではなく、

現在進行形でどうにかしたいなぁと思っている課題でもあります。

(誰だって自分がやっていること否定されて心地いいわけありません>n<;)

 

今までの経験より、「これから楽しみにしていること」や「今頑張っていること」よりも

「もう進めてしまっていること」について否定されるほうが

私の場合ショックが少ないことに気付きました。

 

だから、いつも駒を一つ前に進めておくようにしています。

それが私のやり方です。

相手が見ている物は自分が頑張って来た過去。

あるいは、本物の目標達成のために必要な準備。

周りがついてこれないほど引き離してしまってもいいと思います。

個人にフォーカスするとイメージしにくい話かもしれませんが、

企業では普通にやっていること。計画中のことを公になんてしませんよね。

世の中は何年も前に誰かが一生懸命考えた商戦で構築されています。

大きく言えば、同じ理屈です。

そうすれば、どんな耳触りなことを言われても流せるし、

仮にムッとなっても、一呼吸おく余裕ができます。

さらに一つ進めておくことで、自分自身何に向かって頑張っているかを明確に話せるし

相手にも伝わりやすくなるため、応援してくれる層も変わってきます。

 

中には「なんで教えてくれなかったんだ」と言う人もいますが、

自分の計画を進めるのは他の誰でもなく自分自身です。

叶えたい目標は自分で叶えてあげないと

誰かが代わりにやってくれるわけではないので、私は気にしていません。

 

自分の感情で「意見」を判断しない

 

言い方次第でちゃんとした「意見」でも「否定」と捉えてしまうこともあります。

また、自分の状況や体調によっても相手の意図してる言葉を正しく受け取れない時も。

 

ただ計画を進めるためにはどんな情報も柔軟に受け入れる必要もあります。

良い言葉だけ待ってては成長しないし、

耳を塞いでばかりも、相手の意見を聞きすぎるのもよくありません。

 

ヒントになる意見をきちんと取り込める心の余裕を持ちながら計画を進めていけるのがベストですよね。

 

流れに身を任せた結果を楽しむ

 

最後に。

今回は計画について話してましたが、

計画を進めるには、ときに孤独を感じることもあります。

だれでも目標を見失ったり、何がやりたいのかわからなくなったりします。

続ける事が何より難しい

何か取り組んでみれば、次々に必要なことが目の前に現れてくるもの。

周りを巻き込んでさらに計画が思わぬ方向に向かうこともあります。

今年はこうなったか〜!ってその意外性を楽しめるような柔軟性を持つことも大切です。

 

大きな目標じゃなくても、自分の中で生まれた願いを

外とのコミュニケーションを上手く取りながら叶えていきたいと思います♪

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください