フランスに旅行するならいつがいい?

せっかく遠くまで行くのだから、良い時期に行きたい!という方へ。

 

フランスの街並みはいつでも美しいし、

いつ来ても季節ごとに違った発見ができます。

しかーし!選べるのであれば、やはり一番いい季節に来て楽しんでもらいたい!!

というわけで、今回はフランスの「いい季節」についてのお話。

 



 

フランス国民おススメは、6〜8月!

 

フランスの風景画を鑑賞するたび、

きっと画家たちはこの季節を捉えたかったのだなぁと思えるほど、

6月~8月はフランスの色を強く感じられる季節だと思います。

フランス人が夏を好きな理由は「バカンスがあるから」という理由だけではありません。

  • 雨が少なく、太陽が気持ちいい!
  • 湿気が少なくカラッとしている。気候が穏やか
  • 日が長い(7月中旬は22時以降日の入り、8月中旬は21時すぎ日の入り)
  • 一日が長く使える!

このように気候がとても良い。

 

日本では7月中旬あたりから夏本番!という感じですが、

フランスでは6月終わりから7月中が夏本番。

8月に入ると日の長さもだんだんと短くなり、気温も下がる日が多くなります

 

もちろん、冬のクリスマスシーズンも装飾が美しく、

クリスマスマーケットができたりと、にぎやかで楽しいし、

春先も暖かくなってきて良いんじゃない?と思いますが、

冬から春までは、とにかく雨がよく降ります

一日中晴れている日なんてあるの?というくらい曇っているし、毎日どこかしらのタイミングで雨が降ります。

 

特に冬は日の長さが短く(17時くらいに日の入り)活動時間が減ってしまうのがマイナスポイント。

 

めいいっぱい色んな所を回りたい!天気のいい日に恵まれたい!と思う方には夏の時期がオススメ。

 

注意点としては、8月一週目二週目(今年は8/1~8/16)は、

バカンスを取る人も多く、お店を閉めてしまうところもあります

しかしこの期間は、ミュージックフェスティバルがあったりと、バカンスを盛り上げる催し物があるので、

珍しいフェスティバルに参加したい方はこの期間、

ショッピングを楽しみたい方は、バカンスに突入する前の7月やバカンス終盤の8月中旬以降を選ぶと良いと思います。

 

また、日によって気温差があるので、羽織るものがあると便利です。

そして、バカンス期間は電車やバスの本数が大幅に減るので、電車アプリなどを事前に入れておくといいですよ!

 

<アプリ名>

パリ: RATP

リヨン: TCL

ナント: Tan

※各都市で運営している会社が違うので、街ごとでアプリも異なります。

フランスに行きたいけど、どの季節が良いのかな〜?と思ってる方の参考になればと思います。

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください