【2018最新】フランスの薄切り肉問題を解決!

牛丼にしゃぶしゃぶ…などなど、和食にはかかせない薄切り肉。

フランスで食べるにはどうする?

 

日本人ならやっぱり薄切り肉、時々食べたくなりますよね。

しかし、フランスでは残念ながら薄切り肉は手に入りにくい。

精肉店によっては、やってくれるお店があったり、

アジア系の輸入食品店で売られていることもあるようですが、

パリ以外の街ではまず手に入りません。。

 



 

なぜ、フランスには薄切り肉がないの?

 

私が知る理由は2つ。

(他にもこんな理由があるよ〜と知っている方がいたら是非教えてください^^ )

1つ目は、フランス料理にそもそも薄いお肉を使う料理がないこと。

お肉屋さんに行くと、でーんとした肉の塊か、数センチのステーキ肉が多いですよね。

また、ハムなどの薄切り機では、生肉は切ってくれません

 

2つ目は、豚肉に限った話なのですが、

フランスにはアラビア系移民が多く、豚肉の加工を嫌がる人が多数いること。

ミンチ肉しかり、牛肉と同じ機械を通すと、商売にならなくなるのだそう。

これは、私が直接何人かの精肉店の人に聞いた話で、

初めて聞いた時、そんな理由で!?と大変驚きました。

 

薄切り肉を精肉店で頼んでみた結果…

 

私も何回か、スーパーの精肉コーナーで薄切りを頼んだことがあります。

どのくらいの厚さか聞かれたので、透けるくらい薄く!と伝えたのですが、

機械は使わず、包丁で頑張って切っていました^^;笑

 

結果は予想通り、手で切るには無理があります。

なぜか切ってくれるお兄さん達は自信満々なのですが、

薄切りでもなんでもなく不揃いの厚い肉。笑

普通に焼いて食べたのが、懐かしい思い出です^^;

 



 

私の解決策!

 

さて、本題です。

やはり薄切り肉は必要なときに手元にあって欲しい!ということで、

私は今年に入って、電動スライサーを一台買いました。

あぁ〜なんてストレスフリなんだ〜!!

前までどうしても欲しい時、肉を凍らせて手で切ったりしていたので、

今までの苦労はなんだったの?って思うくらい簡単で早く切れる。

出張が多くなければもっと早く買いたかった!涙

 

「フランス 薄切り肉」と検索をかけると、スライサーについて書かれた記事はそれなりに見つかるのですが、

記事が古く、切り方以外参考になりませんTT。

そして以前は、今よりももっと安価に手に入っていたようですが、今の値段の相場は50〜100ユーロと、値段が上がっています。

 

とは言え、探せば50ユーロ以下もありましたが、知らないメーカーだったり、評価が悪かったり。

刃が剥き出しで回転する機械なので、知名度のあるメーカー、値段も安すぎないものを私は選びました。

↑それがこちら!フランスのsebというメーカーの75ユーロのもの。

*Sebというと分かりにくいですが、グループ会社にはT-falやLagostinaがあります。

 

それでは、さっそく使い方を見ていきましょう♪

(製品のamazonリンク

 



 

使い方

 

①3〜4cmの厚さに切って、ラップに包み冷凍庫へ

②3〜4時間して取り出す(各家庭の温度によりますが、カチコチに固まる前の状態がベスト)

*刃が傷まないよう、凍らしすぎに注意。

③スライサーにセット

*スライサーは自分に対して、↓↓この向きになるようにセット。

ダイヤルを回して厚みを設定。(私は2〜3mmで切っています)

④左手でボタンを押しながら、お肉を切っていきます!

↑セキュリティーのため、ロックボタンとスタートボタンを同時に押すと、スライス開始!

 

完成〜!!

薄いお肉って、なんでこんなに美しいのでしょう!♡

透けそうな厚みに簡単に出来るのが、スライサーの良いところですね^^

 



 

私の保存方法

 

<すぐ使う場合>

トレーに平たく並べラップをする。

<保存用>

毎回スライスするのも面倒なので、多めに切り冷凍庫へ。

次回使いやすいようにフリーザーバックに分けて保存。

 

Seb電動スライサーの良い点

 

使用してみて、製品自体の使い心地をまとめてみました。

  1. サクサク簡単に切れる♡(力いらない)
  2. 厚さが選べる(1〜30mm)
  3. スライス用円盤は大きめ!
  4. お肉だけでなく、野菜やチーズ、パンも切れる
  5. 刃の部分を分解して手入れ出来るので清潔
  6. スライサー下に吸盤があり、ぐらつかない

 

*刃は分解後、キツめに閉めましょう!

 

使えるお肉の種類が増えるって嬉しい!

 

フランス肉は脂分が少ないものが多いため、全く同じ!というわけではありませんが、

やっぱり、ステーキ以外に薄いお肉が食べれるってかなり料理の幅が広がります

また、ブロックで買うので、沢山切って冷凍保存しておけば家計にも優しい♡

スライサーは買って正解でした!料理が楽しい!

 

今回紹介したスライサーは、アマゾンフランスで購入しました。

URLを貼っておきますので、参考にしてください。


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください