2018日本一時帰国の記録【買い物・免税編】

今回の日本一時帰国で購入した電化製品・生活雑貨・食材を紹介。

私のコツは「海外では手に入らない物」の事前リストアップ!

 

前回の記事「2018一時帰国記【準備編】」の続きです。

まだ読まれていない方は、こちらから。

 



 

3年前日本を離れる時、

「フランスは先進国だし、足りなくなったら似たようなものが買えるだろう」と思っていました> <

でも「ちょっとした便利なもの」ってなかなか手に入らないんですね。

日本から飛行機で11時間かかる場所。そりゃ買えるものは違います^^;

渡仏当初は「日本では100円で買えていたものさえないんだ!」って驚きの連続でした。

もちろん今は、だんだんとこちらで買うものの割合が増し、

生活用品、化粧品、食品のほとんどを現地で購入するので、

日本のものがなくても生活できます。

しかし、「あると生活が豊かになるもの」が日本にはたくさんあるので、

今回の帰国のために

  • フランスで絶対見かけないもの・購入できない物
  • 手に入れにくい物
  • フランスでは高すぎる

を事前にリストアップ。

今日のブログでは、実際に購入したものを紹介します。

 

電化製品や便利雑貨

日本で一番買いたかったのが、電化製品便利雑貨

フランスでは買えない便利なものがたくさん手に入ります。

今回購入したのは、

  • ウォシュレット(便座部分)
  • 変圧器(写真右)→過去に持ってきた電化製品用
  • ペン型のシェーバー(写真中央)
  • たこ焼き機
  • 吸水ターバン(写真左)*すっぽりかぶれるタイプ
  • 旅行用折りたたみスリッパ

電化製品は金額も大きいため、免税手続きが出来る店舗で揃えました。

 

ウォシュレットは今回絶対買って帰りたかったので、

大きめのスーツケースをカラで日本に持ってきました^^

海外まで持って行くの大変かな?って思いましたが、重くはないため、

商品が入る大きさのスーツケースを用意できれば何も問題ありませんでした。

こちらが実際日本に持って行ったスーツケースと購入したウォシュレットの写真。

見てください、このジャストサイズ感!笑

色々悩んで、最新のエコモデル(日本仕様)に決定。

日本とは住まいの環境が違い、選ぶポイントも異なるため、

欲しい型番が県内どこの店舗にもなく、 メーカー在庫から取り寄せすることになり、

発つまでに届くかハラハラしたりもしましたが、無事免税で買うことが出来て一安心。

取り付けは少し先になると思うので、

また使い始めたら海外でウォシュレットを使う方法や商品の選び方などまとめたいと思ってます。

 

ペン型のシェーバーは、フランスにも売っていそうで、なかなか手に入らない商品。

フランスの電気屋さんで見るのは、手のひらサイズの大きい電動シェーバー。

私の住む街では小型のシェーバーは店頭で見たことがなく、ネットでは買えるようですが、値段は高め。

以前使っていたものが壊れてしまったので買い替えのタイミングでした。

電池式なので電圧を気にしなくてOKだし、

大きい刃と小さい刃二種類セットで、トリミングコームが付いていてとても使い勝手良さそうです。

1つにまとめられる袋付きなので、持ち運びにもいいですね。

 

また、吸水ターバンや折りたたみスリッパも、フランスでは見かけません。

皆お風呂上がりは普通にタオルを巻くのですが、

タオルでは重たくターバンの使い心地が良いため、今回自分用と友人のお土産にも買いました。

ターバンもスリッパも数百円で買えたのがとっても嬉しい♡

スリッパは帰りの飛行機で早速使用^^機内でラクに過ごせました。

 



 

料理本と文具

お弁当作りで参考になる料理本が欲しかったのでこの2冊を買いました。

「弁当」は日本生まれで、本の数も全然違うので料理本を見ることが今回の帰国の楽しみでもありました!

この2冊は食材を上手に使い切る方法が書いてあって勉強になります♡

 

探す時間短縮のために事前にネットで買ってから帰国する、という方もいますが、

私は本屋の雰囲気を楽しみたいし、実際手にとって中身を見てから買いたいので、

「お弁当、作り分け、保存」にキーワードを絞って本屋に滞在しました。

 

また右下に写っているピンク色のシャーペンも

今回私が絶対買いたかったものの1つ。

高校生から愛用していたシャーペンを紛失してしまい(たぶん誰かに貸して返ってきていない)

無くしたショックが大きかったので、同じメーカーの同じモデルを購入。笑

前のは10年以上前に買ったものだったから、

構造がアップデートされていてさらに使いやすくなっていました^^

 

100均

 

日本に一時帰国した人で100均での買い物を楽しみにしている人は多いと思います。

私もその一人♡

調理器具にキャラクターもの、文具、本当にクオリティーが高い!

100均でのショッピング本当にすごく楽しかった〜。

今回はSeriaに行きました。

 

<調理グッズ>

右から

  • ミニめん棒
  • しゃもじ
  • シリコンヘラ(ミニ)
  • たこ焼き返し
  • シリコン油引き
  • 油固め
  • 薬味チューブホルダー(3つ入り)
  • 卵黄身分け
  • 吹きこぼれ防止

なんと全て「日本製」!^^

しゃもじとミニヘラはテーブルにつかない構造になっているものです。

突起が出ているだけの違いだけど、こういう気の利いたものはフランスにはないんですTT。

 

<レターセット>

私は手紙を書くのが好きなので、レターセットも買いました。

最初は100均で買う予定ではなく、文具さんや雑貨屋さんでも見たんですが、

Seriaのデザインが可愛く気に入りました。

本当はフランスから送るんだからフランスの便箋で送れたら1番なんだけど、

フランス人で手紙を書く習慣の人が減って来ていることもあり、

こういう可愛いイラストが入ったものが意外になく(それかめっちゃ高い)

気に入ったものがあれば日本で仕入れよう!と決めてました。

 

<生活雑貨>

左側の商品はフランスでも買えますが100円じゃ買えないので買っておきました。

右のハンガー類はフランスに売っていないので購入。

フードが干せるハンガー、珍しくて良いですね!早く試したいです。

 

フランス人の友人に買ったお土産

写真右から、

  • 2段のお弁当箱
  • フォーク、スプーンケース(お箸も入ってる)
  • スープジャー(500ml)
  • シリコン油引き

他にも、

  • 耳かき
  • 吸水ターバン

を購入しました。

 

実は「Bento」グッズはフランスにもありますが、種類は少なくまだ浸透していません

ランチにお弁当を持ってくる人は割と多いけど、タッパーに入れるだけだけだったり、カトラリーも袋にバラバラに入れている人がほとんど。

なので毎日お弁当を持っていく友人にお弁当セットをお土産に選びました。

ホワイトが美しくて、私が欲しいくらい♡

 

シリコンのハケは、クレープを家で作る機会が多い友人に。

耳かきも日本特有のものなので、トライしてもらいたくて買いました。

 



 

その他

 

食器

  • 丼ぶり
  • ごますり器

丼ぶりがあると日本食を振る舞う時に便利なので数個買い揃えました(5つ)。

日本風の食器もフランスにも売っているのですが、

どれも似たり寄ったりで(青の日本風柄が描いてある)しかも結構値段する…

今回の帰国で、電子レンジも食洗機もOKなものが見つかったので購入しました^^

ごますり器はゴマドレッシングを作る時用に。

 

化粧品

  • 昔から使っているクリームの補充

ほとんどの化粧品は、こちらで買えるものに換えたのですが、

1つだけ昔から使っているものに代わるクリームが見つけられていないので、

今回2本ほど持って帰りました。早く見つかるといいな…

 

薬品

  • 葛根湯
  • アレルギー用の目薬
  • マスク(眼鏡用と普通用)

葛根湯は私の常備薬(ないと不安になる笑)

帰国時はもちろん、家族や友達がフランスに来る時にお願いするもの。

風邪の引き掛けに効き目抜群の葛根湯は手放せません^^

(出張の時もお守りのようにポーチに忍ばせてます♡)

4年くらい消費期限あるので買う価値ありです。

 

またマスクについてですが、

フランスは医療用か工事用のごついものしかありません

しかも医療用であっても薬局で手に入りません

現在家のリフォーム中なので、防塵でマスクが必要なので、

今回メガネクッションがあるマスクと60枚入りの箱を買って帰りました。

 

食品

フランスでも高いけど手には入るので、

使用頻度の高い調味料で1年ほど日持ちするものに絞りました。

また「これだけは譲れない!」というものだけ。

実際に購入したのは、

  • ダシ(昆布だし、鶏がらスープの素)
  • 味噌
  • 醤油
  • お茶漬け
  • ソース類(お好みソースなど)
  • ふりかけ
  • チューブ類(からし、わさび)
  • ルー(カレー、シチュー)※フランスに持ち込み可能なもの

お酢とみりんも買って帰りたかったのに、スーツケースに余裕がなく断念。

液体は重いし…> <

味噌は賞味期限が6ヶ月なので、冷凍保存しようと思っています。

 

買うか悩んだもの

  • キーシェアボックス
  • 旅行用圧縮袋

私のアパートのドアノブは回らないタイプなので、

何かあった時の為に玄関外につけるキーシェアボックスを探しました。

だけど、ドアノブ自体を変える可能性も考えて今回は保留。

将来アパートをAirbnbなどで貸し出した時、あると便利だなぁ〜とは思っています。

 

手動で出来る圧縮袋、もう何年も愛用していてかなり年季が入っているので

買い換えたら良かったなぁと帰ってから少し後悔^^;

フランスにもあるのかな?今度圧縮袋コーナーをチェックする予定です。

 

欲しかったけどなかったもの

  • 玄関口の外マット

フランスは靴文化なので、泥落としマットで可愛いキャラクターものがあったら欲しかったけど

室内用のみしか売っていませんでした> <

 



 

免税で買う時の2つのコツ

 

  • 免税大型ショッピングモールで買うのが賢い!

消耗品、非消耗品は一緒に出来ないものの、

分類が同じなら購入した店舗が違っても提携のお店であれば合算して免税手続きが出来ます

普通のスーパーや薬局など、各お店で免税対象の金額を超えなくてはいけないのは、結構大変です。

注意点としては、モール内でも合算できないお店、もともと免税手続き不可のお店があるので、

最初にサービスカウンターで確認するのが良さそうです^^

 

  • 手続き後の商品は小分けにしてもらう!

食品、薬品、化粧品などの消耗品は開封出来ないように指定の袋に入れる決まりがあるのですが、

小分け」にしてもらうのがおすすめ。

スーツケースに余裕があればいいのですが、

大きな袋に一気に入れられると、荷造りが大変なので気をつけましょう

↓これが実際に分けてもらった食品・医薬品の写真です。

税関で見せることになっても良いように1つのスーツケースにまとめたかったので、

先ほど載せた大きな水色のスーツケースに全て詰めました。

これが大きい袋だったら上手く荷造りできていなかったと思います。

 

免税メモ:

電化製品もショッピングモールでの買い物も、その場で税金分返って来ました。

空港での手続きは一切なく、インフォメーションで関税の係に繋がるインターフォンがあり、

呼び出すと税関の職員がパスポートに貼られた免税商品レシート取ってくれ、スムーズに終わりました!

 

ショッピング金額

 

最後に値段について。

これは書くか悩んだのですが、

帰国の時、他の人はどれくらい物を買って帰るのだろう?と気になる人もいるかな?と思ったので

自分用に買った日用品の値段を書いておきます。(ウォシュレット除く)

  • 食品 : 4千円
  • 薬品:2千5百円
  • 本:2千5百円
  • 雑貨:1万5千円

ざっと計算して2万5千円くらいです。

予算は決めず、リストアップしたものプラス日本現地で気に入った物を買いました。

 

 

久しぶりの日本での買い物は本当に心が癒されました。

こんな便利なものがあるんだ!って見てるだけで楽しい。

また、日本にいた時はあまり見なかったキャラクターものやゲーム関連のものが

かなり愛おしかったです♡(フランスでは全然見かけないから)

 

ただリストアップしたものを絶対買って帰るんだ!と必死になりすぎないことが大切だと思いました!

日本で普段買い物をしてないとリストを用意していても選ぶのに時間がかかるので、

せっかくの日本帰国、家族や友達と過ごせる時間が少なくならないように、気をつけなきゃです♪

 

次回は飛行機編を書く予定です!

お楽しみに♡

関連記事




オススメ記事をチェックする



 

2 thoughts on “2018日本一時帰国の記録【買い物・免税編】”

  1. クレアさんこんにちは。
    ブログには初めてコメントさせてもらいます。
    1年以上も前の記事にコメントすみません…

    キーシェアボックスの件で、将来Airbnbなどで貸し出した時に…とありますが、
    ご自身の住まいを貸し出すことに抵抗はないですか?

    わたしも将来海外移住に向け、持ち家を貸し出した方がいいかなとも思うのですが、見ず知らずの他人に自分の物を使われることに抵抗があります…

    クレアさん自身、Airbnbなどまだ遠い先の話かと思いますが、クレアの考えを聞けたら嬉しいです(^^)

    話は変わりますが、アパート繋がりで…
    現在進行中のリフォーム過程・リフォーム後のアパートをいつかブログを通して拝見できたら嬉しいです!

    1. Ayahoさん

      コメントありがとうございます♡
      いただいたご質問についてお答えします^^

      私は渡仏当初、何かをシェアすることにとても抵抗がありました。
      Airbnbで自分が宿を借りることも、車のライドシェアでさえあんまり乗り気ではありませんでした。
      (ブラブラカーなどの相乗りビジネスの使用もしばらく出来なかった。)
      だけど、パリに約1年住んだことがきっかけで考え方が180度変わりました。

      宿全てAirbnbを利用し、フランスの人が貸し出す時にどんなことに気をつけているのか、しっかり観察出来たからだと思います。
      運良く、ほとんどのホストの方が「家を貸し出すことに対してポジティブに考えていた」ことが私自身に良い影響を与えてくれました。

      もちろん、今でも抵抗が全くないか?と聞かれるとゼロではありません。
      特に貸し出す際に持ち出す予定のないキッチン家電は、出来るだけ良いものを揃えていることもあり、正直雑に使われたら嫌だなぁと思ったりもします^^;

      だけど、貸し出す時はきっと自分のステップアップの時。環境が変わる時。
      だから今しっかり使用頻度を増やして、これだけ使ったからもう貸し出しても大丈夫!と思えるように準備をするつもりです。

      Airbnbは利用者数も多く、悪い人に当たるリスクは避けられませんが、
      賃貸にする場合は、相手とのやりとりの中で得られる情報は多いんじゃないかなと思っています♡

      また、Airbnbで運用される場合は、問題が起こった場合の保証、消耗品の費用、清掃など会社に頼むのか親しい人に頼めるのかも、しっかり把握する必要がありますよね
      自分が遠くに住むとなると特に。。

      賃貸なのかAirbnbなのか、はたまた売り出すのか….考えなきゃいけないことはたくさんです

      以上です!答えになったかな?

      リフォームのビフォーアフターやこだわっている点も落ち着いたら、ブログで紹介する予定です。
      ブログもインスタものんびり更新していますが、これからもどうぞよろしくお願いします♡

      Créa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください